« コレステロール対策! | トップページ | 梅雨の晴れ間はからっとしてる! »

こんにゃくゼリーの提訴について

今日、こんにゃくゼリーを学童のおやつで食べた7歳の子どもがのどにつまらせて死亡した事故で、親が提訴する、というニュースを見ました。

うーん・・・

提訴しなくてはいけなかったのが同じ学童を利用する親としてとっても残念でなりません。確かに亡くなったのはお気の毒なんですが、そうなると学童を怖がって利用する方が減り、しいては母親の再就職を妨げ、学童のスタッフもやりづらくなると思います。双方の話し合いがうまくいかなかったのでしょうか・・・

ちなみにうちの学童保育はおやつを各自持参します。その際、確かこんにゃくゼリーは禁止でした。娘はスナック菓子やグミなどよく持っていってましたよ。

自分が仕事で育児が出来ないのを代わりに見てくれるありがたい学童保育。お迎えに行くと先生方の熱心さに頭が下がります。他人の子を見るのは本当に大変なことです。

こういう意見、ヤフーニュースにリンクされたブログにもいっぱい書いてありました。提訴した親御さんにはこういう世論を再度受け止めて考えてもらえたら、と思います。

|

« コレステロール対策! | トップページ | 梅雨の晴れ間はからっとしてる! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姉が学童の先生に再就職しています。
おやつの準備はなにかと大変みたいですね。
この前は、近所のお肉屋さんの揚げたてコロッケにしたそうです。
たかがおやつ、されどおやつですね。

投稿: みぬまく | 2007年6月16日 (土) 08時56分

みぬさま、ありがとうございます。
私が埼玉の保育付サークルに入っていた時、保育時間に用意するおやつは親が当番で持参するおやつでした。
なのでいらぬ心配はしなかったですね。
池田の保育ボラでもおやつをあげていると思ったら誤飲防止のため、やっていないと知り、びっくりしたものです。
スタッフが用意するのは大変ですね。確かに危険性が明確なこんにゃくゼリーを用意したのは不注意だったと思いますが、
でも7才ですし・・・

お姉さまも毎回ご苦労なことと思います。
今回の提訴がきっかけでうちのような子どもが持ってくるシステムが増えるかもしれませんね。
安全性を重視すると言えども、余計に働く親の負担がかかったり、学童ならではの学年をとっぱらってみんなで一緒のものを食べる、という体験も少なくなりますね。
本当に残念でなりません。

投稿: けもまま | 2007年6月16日 (土) 09時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/6799026

この記事へのトラックバック一覧です: こんにゃくゼリーの提訴について:

« コレステロール対策! | トップページ | 梅雨の晴れ間はからっとしてる! »